続 血管石灰化への道に至る過程の血液検査結果とコレステロール値の変遷

          1.はじめに
             平成24(2012)年のCT検査において、腎臓に結石があるのではと言われ、某市の総合病院
            にて検査して頂くと、何と結石ではなく、腎動脈の石灰化の影でありました。

             また、平成25(2013)年3月初旬にCT画像を取りました。胸部エコーでは、私の場合は、よく
            写らないようで、現医院に来てからは、ずっとそうであるという。最近、こうした事を聞き、細かい
            事などお聞きしています。どうも内臓脂肪が過多であるのが原因でしょう。

             これで、当医院では、昨年と今年と2回目のCT検査となりました。結果は、動脈にはっきりと分か
            る石灰化は、3〜4ヶ所であるという。内臓脂肪も、通常を100とすれば、私は、130。軽度の肥満
            という診断が出ました。この一年間で、運動による体重減 3〜5Kgを目指すようにと。歩行運動は、
            少なくとも一日、45分間は必要ではないかと言われました。

             Drには、前回と比べ石灰化ヶ所が、増えているのか。どの部位に石灰化が起こっているのか。図
            示して頂けると有難いのですが・・・・と言ってあります。

             確かに、透析は、私が、57歳の4月から始めておりましたが、それ以前にも、某整形外科病院
            で、レントゲンを取っていただいた時、Drから骨の石灰化が始まっていますよと診断されていまし
            た。

             具体的には、腰痛に悩まされていた時、整形外科にかかり、レントゲンでの所見を聞いていると
            整形のドクターから、あなたは、腎臓を悪くしていますね。骨の石灰化が起こっていますよ。ほら、
            この部分の骨が、きれいに写っていないでしょうと説明してもらい、確かにすっきりした線ではなか
            った事だけは記憶している。

                            この拙文の前に、血管石灰化の恐怖と対策という雑文を書き上げている時、某先生が、骨の石灰
            化と血管の石灰化は、同じ結果の成れの果てというような事を記述されていたように思いました。こ
            れが、本当なら、私の血管石灰化は、透析以前から起こっていた事になりましょうか。

             腎臓を悪くしている或いは透析直前患者は、骨の石灰化が、通常起こり易いと整形のドクターは、
            考えているのでしょうか。

             透析を受けるようになってから、透析に関するHP上で、透析直前患者や透析患者は、血液検査
            のカルシュウムとリンの値を掛け合わせた値が、55以下になるようにすると石灰化に至らない可
            能性が高いとも言われている事を知った。勿論P(りん)値は、5.5以下であってですが・・。

             当然、もし診断が下されていれば、血管内でも石灰化がおこっていたのではないかと。その当時は、
            診断されませんでしたが、診断して頂いていれば、そうであったかもと・・・。

             透析に至る前までは、確かに食事療法をしており、質のよい蛋白と、油類を取る事に重点が置か
            れていました。体重は、70Kg台であったかと。やや痩せておりました。激しい運動は避け、あまり
            運動をしなかったように思います。透析をするようになって、食事は進むようにはなったと思います。

          2.透析の血液検査からみる血管石灰化への指標とコレステロール値の推移
                        *   現医院ではない以前の透析病院での結果
            A.リン×カルシュウム値<55 であれば、石灰化に至らないと言われているとか。      
                                        05(H17)                    06(H18)                                                                     09(H19)
                月        8   9   10    11    12      1   2    3      4   5    6     7    8     9     10    11    12     1    2     3
             P      4.4  5.0  5.2   4.5   *5.5   5.2  *6.0 *5.9  *6.3  4.9  4.7  4.9  *5.6   4.9   4.7    4.4   4.5  4.7   4.7
             Ca         8.2  8.5  8.4   8.7   8.8    8.7    8.2   8.8   9.8   9.6  8.9  9.3   9.2   9.7   9.7    9.8   9.0  8.8   9.0
                           P×Ca    36.1 42.5 44.2 39.2  48.4 45.2  49.2  51.9 * 61.7 47.0 41.8 45.6 51.5 47.5 45.6  43.1 40.5 41.4 42.3
                                      09(H19)                                                 10(H20)
                             月        4    5    6     7    8      9     10    11    12     1     2     3      4     5      6     7 8 9     10    11   12
                             P        4.7   3.8  4.0  4.9  4.4    3.3    3.1   3.7   4.6    4.2   4.0   4.0    4.1   3.5   4.4         4.3   3.5   4.7  
                            Ca       8.8   9.2  8.8  8.5  9.0    9.4    9.7   8.9   9.1    8.9   8.8   8.8    8.6   8.9   9.0         8.7   9.2   8.8
                          P×Ca  41.4  35.0 35.2 41.7 39.6 31.0  30.1  32.9 41.9   37.4 35.2  35.2  35.3  31.2 39.6       37.4 32.2  41.4

                             *   透析を受けてから現医院ではない透析病院での経過は、P値は、*印が数回。1回のみ55を超えてい
              たようです。概ね55以下をキープしていたかと。とすれば、骨の石灰化も、血管の石灰化も起こりえよう
              が無い数値かと。やはり、透析開始から2年目の頃までが、P値がやや高い値を示していた。それ以後は、
              適正値内を保っていた事は明らか。

            B、動脈硬化の一因となるコレステロール値の推移
                        05(H17)                                  06(H18)
                                標準値       8        9       10      11      12      1         2       3      456   7     8    9    10    11    12
               LDH 121~245  138  154    152    140   149    130   137     154          
               HDL 40~77        53     47      50      45      44       39      41      46           49   49   55   50    57     50
                                 中性脂肪30~149  132  * 222  115    *199    *205   *179   *249   *214     *200  *173 *164 *191*160 *189
               動脈硬 4,0          2.5    3.4      2.6     2.8      3.1      3.2      3.3      3.1        2.8   2.8   2.5  2.9   2.2    2.4
               化指数 以下
                                                     07(H19)                                                                              08(H20)
                (130~219)       1     2     3      4      5      6     7      8     9     10     11    12      1    2      3      4      5
                                 総コレステロール   154   151  159   176   159  173  153   170  159  170    151  163   155  143   135  150   154
               HDL                51    52    58    57    54    60    48    50    50    59     49    54     55   52     47   54     54
                                 中性脂肪       126   109  111   135   129  122  138  *159 *167   76 * 160  *248  *155 69  *178  107   137
               動脈硬            2.0   1.9    1.7    2.1    1.9   1.9   2.2    2.4  2.2    1.9    2.1    2.0    1.8   1.8   1.9    1.8    1.9
               化指数
                         08(H20)
                                                          6     7      8910      11    
                                 総コレステロール     160   153        147    155         * 中性脂肪が多くなっている事が、この検査結果から
               HDL                 58     48          51     46     伺えます。動脈硬化指数にばかり目がいき、まだ大丈夫
                                 中性脂肪         111    121       145  * 219     とたかをくくっていたようです。透析開始数ヶ月後から中
               動脈硬化指数    1.8     2.2        1.9     2.4     性脂肪の増加が著しかったようです。この透析初期の頃
                                              は、立っているだけでも貧血が起こり、歩行も数分で息切 
                                                                                                     れ状態であったかと。(この頃は、医者まかせの透析でし
                                              た。しかし、この医院にいる間は、特に中性脂肪について
                                              の注意は、一切なかったかと。まあ本人が注意する事かと
                                              は思いますが・・・。)
             *  現 医院での推移                    
               A P×Ca<55については、55を超える事は、1回もありません。また、P値も、5.5を超える事も皆無。
                                 B コレステロール値の推移
                                                                                   09(H21)                                                     10(H22)
                               適正範囲 4/20 6/20 7/27 8/22 9/28 10/26 11/25 12/21   1/18 2/15 3/15
              HDL(善玉コレステロール) 40〜75           44            47             40              46               48
              LDL−C定量(悪玉 〃 )70〜139        68           81              78              96               92
              中性脂肪             35〜149     *153 *185       *163           *185            113               65
                               LDH                             120〜240                     112          109             114             113          110
                                                               
                                                                                  10(H22)                                                  11(H23)
                               適正範囲 4/19 5/2 6/2 7/26 8/23 9/22 10/18 12/10   2/21 4/25 6/20 8/22
              HDL(善玉コレステロール) 40〜75    48          43          48            54      54       58    60     57    52
              LDL−C定量(悪玉 〃 )70〜139   87       87           94            76      89       87    92     96    81
              中性脂肪                        35〜149  111        148         106            82      34       89   102    109   88
                               LDH                                120〜240         108        106          118

                                                              11(H23)   12(H24)                                     13(H25)
                               適正範囲  10/24 12/19  2/20  4/23 6/18 8/20 10/22 12/17    2/18
              HDL(善玉コレステロール) 40〜75   56   54     53    53    55     50    63       65       68
              LDL−C定量(悪玉 〃 )70〜139    88  103      86    68    72    76    85       79       93
              中性脂肪           35〜149   116       83     116  132  111  118    80      103      75
                                LDH                            120~240u/l 

                   透析開始前数年間は、運動は、ほとんどしていなかったと記憶しています。しかし、体重もそれほど増加して
              いた記憶は、ないのですが、確か、透析導入数年前から、運動を極端にしなくなり、担当Drからは、高脂血症
              の指摘を受けていました。食事については、高蛋白質を適度に、エネルギーは、油類で取るが基本でした。

                                 とすれば、透析開始から実質約4年間(平成17年〜21年)は、中性脂肪の過多があり、動脈硬化の危険因子
              が働き、進行していたのでしょうか。しかし、平成21年10月以降では、現医院の院長さんから、体重増について、
              運動をしなさいと注意を受け、まあ、食事量に比して、運動不足という事は明らかではありました・・。この頃にな
              って、やっとある程度動ける体になってきていました。

               あまりデータを信用してはいけない事の典型的な事柄ではありましょうか。

               例えば、前の透析病院での血液検査で表示されていた動脈硬化指数とか、透析開始以降の悪玉・善玉コレ
              ステロール値の推移。どちらも透析以後異常なしという数値内でありましょう。結局は、中性脂肪の数値の推移
              が、大きく皮下・内臓脂肪に直結し、食事量に比して運動量が付いていってない場合もやはり体内脂肪へと転
              化したのでしょう。

               そして、血管石灰化の大きな因子は、透析不足に尽きるのではないかと推測します。透析開始から3年間では、
              透析効率 Kt/vは、数値が、1に及ばない透析であり、明らかな透析不足状態であったようです。

               しかし、その当時は、透析の「と」の字も知らない、医者任せの透析であった事が、その状況を持続させていたと
              思います。

               いったい、何時頃から私の動脈の石灰化が起こりえたのでしょうか。知りたい事ではあります。腎臓が悪くない
              人でも動脈硬化は、起こっています。やはり生活習慣病の成せる技でしょうか。とすれば、透析開始以降の実質
              4年間が、私にとっては、肥満への道であったのでしょう。こうした冠動脈疾患系の動脈硬化の危険因子は、年齢、
              肥満、心電図異常(弱冠の心臓肥大)のこの三つが、現在の私の危険因子として指摘できましょうか。「既に、動
              脈血管内には、はっきりと3〜4ヶ所の血管石灰化が所見として出ております。」(平成25年) 今後は、年1回は、
              内臓脂肪指数を取らねば・・・。

               しかし、初回のCT検査時(平成24年)、当医院では、腎臓内の結石診断は、他の総合病院のレントゲン診断
              にて、即座に血管の石灰化と指摘された事から、現 透析病院は、レントゲンを取ったりもしていますので、どうし
              て違う診断をされたのでしょうか。それ程、診断を迷わすような陰影であったのでしょうか。私は、結石であろうとさ
              れるCT画像を、見させて頂きましたが・・・。( 穿った見方をすれば、当医院でも、血管の石灰化と思いつつ、結石
              という診断にしたのではないかと・・。血管の石灰化であれば、当医院での責任云々に発展するのでは・・。と思われ
              たやも知れません。既に辞められたナースの方が、この私の血管石灰化は、うちの病院の責任ではないと小声で
              言ってみえた事が、印象として残っております。)
               Drを信頼するより仕方がないことではありましょうが・・。この診断を下されたDrは、平成24年末にお辞めになら
              れました。

               ナースさん達の陰の声では、次の勤務先も決まっていないような口ぶりであり、何故お辞めになるのか判然としな
              いという風でありました。もしかして・・・。

               CT検査から分かった私の皮下脂肪・内臓脂肪の指数について
               年                H24   H25         H26
               皮下脂肪面積(平方cm) 184.4  163.0  126.0
               皮下/全体脂肪比      0.53   0.56   0.44
  
               内臓脂肪面積(平方cm) 162.1  130.4  159.7
               内臓/全体脂肪比      0.47   0.44   0.56
               実施月( CT検査 )     1/20          3/6          3/14
               胸部レントゲン実施      1/30          3/11         3/10
                                    *  H26の結果からみて、H25の結果を逆にすれば、順当かと素人なりに推測
                                     いたしますが、病院から頂いた正規の報告書では、記載どおりでした。
         
                コメントとして、適度な運動を!H25では、1年間で4〜5Kgの減量を!と記してありました。H24からみれば
               明らかに皮下・内臓脂肪は、減少傾向にあり、やはり1年間、毎食の炭水化物摂取量を50g程落とし、歩行をや
               や多くした結果でありましょうか。25年では、皮下脂肪は、それ程減少していませんが、内臓脂肪は、極端な減少
               をしており、内臓脂肪は、落としやすいのであろうか。病院のエレベーター内には、皮下脂肪は、落としやすいと
               記述されていたのでは・・・・。

                平成26年3月14日(金)にCT検査を受けました。コメントは、H25年と同様であります。昨年末膝を痛め、5分
               も歩くと、痛くなり、長い時間の歩行ができなくなり、かれこれ2ヶ月近く同様な状況でありまして、折角年末前まで、
               順調に体重を落としており、心臓エコー時、皮下脂肪が、ずいぶん少なくなった為か、エコーの技師さんが、よく見
               えるようになっております。とも言われていた。残念な事であります。僅か2ヶ月で、元に戻る。あの8ヶ月は、何で
               あったのか。それでも、皮下脂肪は、前年度より、極端な減少。、内臓脂肪は、極端な増加傾向を示していた。
                何だか、平成25年は、数値が逆ではないかと思えています。私の記載ミスではないかと、昨年頂いた報告書を
               再度見てしまいました。間違いありませんでした。
                やっと、膝の痛みも癒えてきており、再度挑戦しようと思っております。

                そして、この平成26年3月14日(金) Drより、レントゲン量が多すぎるというお叱りを受けましたが、納得できま
               せんでしたので、平成24年(最初のダブルレントゲン量)に、何故許可されたのですか。と問いますと「肝臓が、エ
               コーでしっかり写りませんから、緊急に入れました。」と言われた。では、次の年は、と聞こうとしましたら、それで、
               回診が終わり、病室から出て行かれました。患者には、説明責任があろうかと思いますが、違いますでしょうか。

                なにせ、4年間で溜め込んだ脂肪量でありますから、4年間で適度に落とし、適正数値に移行しようと思ってお
               ります。この肥満化は、それまでの食事制限の反動であったかも知れません。高純度のたんぱく質は、落とさず、
               炭水化物を程よく落とし、脂肪類は、極力控え、適切な歩行を多めに行い、内臓脂肪を燃焼させようと考えてい
               ます。
                付記 よく、胸部レントゲンで、胸の近くにある大動脈が、真っ白に写り、明らかな血管石灰化症状を呈する透
                   析患者さんの事を聞きます。この方も肥満傾向の方であったのでしょうか。それとも痩せ型の人であった
                   のでしょか。どちらの方であるのでしょう。そうした具体的な事柄は、個人情報であり、全体には開示され
                   ません。
                    一番知りたい事は、病院当事者でないと知りえない事であるのも患者にとっては、やっかいな事柄であり、
                   生死が絡む事柄を長引かせる温床になっているのでしょう。
                    正しい情報を、病院のDr集団は、もっともっと個人情報としてではなく、傾向として開示して頂けると、前
                   もって知りえますし、落ち着けるのではないでしょうか。そんな事を思う今日この頃です。( 平成25年3月
               17日  記載 )

                H25.3月最後の血液検査結果が出ました。特に変わったところはありませんが、i−PTH値が、やや高い気
               がいたします。勿論その数値は、透析患者であれば、基準値内ではありますが、ややオキサロールが効きにくく
               なってきたのかも知れません。( 平成25年4月2日 記入 )

          3.CT画像に表れた私の血管石灰化の様子

             平成25(2013)年8月28日(水) 回診にみえたDrから、今年と去年のCT画像を見てもらいますと言われ、全員
            の回診が済んでから再度画像が見える端末タブレットを持ってやってきて下さいました。二つの画像を同時に出して
            比較しながら説明をしてもらいました。1年間の間には、さして大きな変化はなく、昨年と同様な血管の石灰化がみて
            とれました。

             背骨前の大動脈の腎動脈への枝分かれ部分の2ヵ所に、白い影が写っていました。当然左側腎臓入り口には、昨
            年結石ではないかと再診に行った箇所であります。はっきりと白い影が写っていたのは、Drからは、3〜4ヵ所と聞い
            ており、こうした石灰化は、血管の中膜から発生しているのではという注釈が付けられました。

             血管の内側だけのような気もしましたが、端末タブレットでは、そうした細かい部分までは、判断出来ませんでした。
             これで、Drにお願いしていた、CT画像と説明は、終わりました。縦方向の全体の映像をと無理なお願いをしました
            ら、そうした作業をするには、3時間位かかりますと言われ、それ以上は、言えませんでしたが、帰り際に、挑戦して
            みましょうとありがたい言葉がありました。さして、心配するほどの事ではないと言われますが、患者にしてみれば、
            今後どのようになっていくのか、進行状況がはっきりしませんし、サイレントキラーの存在ですので、慎重に事のなり  
            行きを見届けたいと思います。

             私の透析血液検査からは、それ程進行するような状況ではないと思っておりますが、何せどのような過程で石灰
            化が起こってくるのか、その進行を食い止める方策は、研究段階の途中かと思っております。

             一つは、骨粗しょう症の薬を使った方策が、効果を上げていると言う報告は、ありますが、何せ大学病院での研究
           成果であるようです。一度そうした研究集団のDrにお会いし、私の体を使って研究して貰えないかと密かに考えており
           ます。かみさんには、私に何かあったら、こうした研究施設へ検体として今後の透析患者の為に役立たせて欲しいと言
           ってあります。( 平成25年8月28日 記載 )

                                           コーナートップへ            目次へ

inserted by FC2 system